読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Let's write β

趣味で書いたこととか、RustとLispが好き

Debian GNU/Linux インストール日記(7) zshのインストールと基本設定

Debian GNU/Linux

Shell環境というのは、UNIX系OSをある程度つかいこなせるようになると必ず接するものになるはずです、そんなときShell環境が快適かどうかというのは長期的にみて非常に重要な事となるはずです。そこで既存のbashではなくzshという*さらに*優れたShellをインストールし、そちらを使用するようにしましょう。まずは簡単にzshをインストール

sudo aptitude install zsh

とやるだけです。つぎは.zshrcを書きましょう。zshの設定ファイルには色々と種類がありそれぞれ住み分けがあるようですが、まずは対話的に利用する時に利用する設定をしましょう。

export LANG=ja_JP.UTF-8
#history
HISTFILE=$HOME/.zsh-history
#メモリに保存する履歴の数
HISTSIZE=100000
#保存する履歴の数
SAVEHIST=100000
#コアダンプのサイズを制限
limit coredumpsize 102400
#出力の末尾に改行コードが無い
unsetopt promptcr
#Emacs Like Key-bind
bindkey -e
#Use color
setopt prompt_subst
#Don't use beep
setopt nobeep
#jobs long
setopt long_list_jobs
#show file type
setopt list_types
#Auto resume
setopt auto_resume
#auto list
setopt auto_list
setopt hist_ignore_dups
#auto add cd history
setopt auto_pushd
#dont add history if same directory
setopt pushd_ignore_dups
#automenu
setopt auto_menu
#add start time and end time to history file
setopt extended_history
#コマンドの引数を補完する
autoload -U compinit
compinit
#プロンプトの設定
PROMPT="%n@%m: %~$ "
PROMPT2="%_%% "
SPROMPT="%r is correct? [n,y,a,e]: "
setopt magic_equal_subst
setopt hist_verify
setopt numeric_glob_sort
setopt print_eight_bit
setopt share_history
setopt correct
setopt brace_ccl
#ls color
alias ls='ls --color=auto'
#compctl
compctl -f vim
compctl -/ cd
compctl -F man

こんな感じで先ずはzshの基本的な設定は完了ですね。
pathなどは.zprofileに記述するのが良いらしいので.zprofileに適時

export LANG=ja_JP.UTF-8
export PATH=/usr/local/bin:$PATH

という風に記述しましょう。これで/usr/local/binにインストールされたコマンドが優先的に利用されるようになります。

僕が働いているAzit.incでは一緒に働けるエンジニアを募集しています!
採用情報 — 株式会社アジット|Azit Inc.