読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Let's write β

趣味で書いたこととか、RustとLispが好き

Debian GNU/Linux インストール日記(15) Consoleのキーマップを変更

Debian GNU/Linux

コンソールで作業するだけで十分なタイミングというのは以外とあるものでバッテリーなどが不安なときや集中してさぎょうしたいときなどは僕は基本的にconsoleを使っています。
GUIでは独自のキーマップを採用している僕ですから当然Consoleを利用する上でも同じキーマップを採用したいです。そこで、/etc/console-tools/remapを編集することにします。
このファイルは基本的にdumpkeysの結果をのぞみのキーマップになるように置換するようなsedの形式で記述します。
ぼくのファイルはこのようになりました。

s/keycode   3 = two              quotedbl/keycode       3 = two         at/
s/keycode   7 = six              ampersand/keycode 7 = six              asciicircum/
s/keycode   8 = seven            apostrophe/keycode 8 = seven           ampersand/
s/keycode   9 = eight            parenleft/keycode 9 = eight            asterisk/
s/keycode  10 = nine             parenright/keycode 10 = nine           parenleft/
s/keycode  11 = zero             asciitilde/keycode 11 = zero           parenright/
s/keycode  12 = minus            equal/keycode 12 = minus               underscore/
s/keycode  13 = asciicircum      asciitilde/keycode 13 = equal          plus/
s/keycode  39 = semicolon        plus/keycode 39 = semicolon colon/
s/keycode  40 = colon            asterisk/keycode 40 = quote    quotedbl/
s/keycode  26 = at               grave/keycode 26 = grave asciitilde/
s/keycode  89 = backslash        underscore/keycode 89 = periodcentered periodcentered/

また、consoleではLANG=Cを設定するように.zshrcに以下のような設定を追加しました

if [ "$TERM" = "linux" ]
then
        LANG=C
fi

これで快適なConsoleが!Happy Hacking!

僕が働いているAzit.incでは一緒に働けるエンジニアを募集しています!
採用情報 — 株式会社アジット|Azit Inc.