読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Let's write β

趣味で書いたこととか、RustとLispが好き

Why I love linux (or why I don't like windows)

Debian GNU/Linux

わたしは専らLinuxを利用しています。実質windowsも利用できない事もないのですが、人生の中でwindowsを家で利用していた年数もそんなになく、利用している最中もUNIXコマンドを導入したりMac風にDockを導入したりしてほとんどwindowsとは言えない状態で使用していたので、実質windowsを使ったのは2年ぐらいといっても過言ではないでしょう。
そんな僕がなぜこんなにもLinuxを偏愛するのか、そして何故windowsを利用したがらないのか、それには理由があります。

1カスタマイズ性が無い

これはwindowsユーザにいわせるとそんな事は無いらしいのですが、僕にとってはカスタマイズが不便でしかたないと言えます。たとえばキーボードの独自配列をすぐに簡単に導入できるかというと怪しいものです。レジストリをいじったりして危険性が有ります。
一方Linuxでキー配列をカスタマイズするのは標準的な方法が*用意*されています。この事はまったく違うことです。
こういった体制はおそらくwindowsのライセンスの様にユーザを会社にしたがわせようという考えが根底にあるのでしょう

2自由が無い

価格の高低は重要でありません。GNUライセンスはフリーソフトウェアの販売の価格に関しての制約は設けていません。そのかわりソースのGPL(or LGPL)ライセンスによる公開、ソースのダウンロード手段の用意などを義務づけています。
このような自由がwindowsにはまだ不足しているようにおもいます。Excelのファイルなどの仕様が公開されるなど段々とオープンになりつつあるようではありますが、十分でないとおもいます。

3技術的障壁がたかい

仕様が公開されていないファイルをあつかうプログラムはそう簡単に実装できるものではありません。Microsoftによって提供されるプログラムでなければあつかえないファイルを本来の目的以外に利用したい場合に非常に困難になることは明らかでしょう。しかしこの本来の目的でない利用のしかたをユーザーに許可しないことが本来問題なのです。
ソフトをどのように利用するかの判断はユーザー側に存在するべきです。これは僕が日頃言っていることですが「権利をもっているが、行使しない」という事と「元々権利を持っていないので行使できない。」事の間には天と地ほどの差が有る。という事です。ユーザーの自由を尊重することによってソフトウェアの発展も促進されるのです。

僕が働いているAzit.incでは一緒に働けるエンジニアを募集しています!
採用情報 — 株式会社アジット|Azit Inc.