Let's write β

プログラミング中にできたことか、思ったこととか

GitHub ActionsでDBスキーマ情報をSchemaSpyでとりだしてSlackで社内共有した

弊社では、データの分析をメンバーがしやすくするにあたって、Re:dashを導入しています。 データへのアクセスのしやすさ、SQLの実行のしやすさはRe:dashで良いとして、 実際にどんなデータがどんなテーブルにはいっているのかを知らなければ分析方法をまちが…

2020年個人としてふりかえり

2020年ももうそろそろおわりですね。 2020年は個人としてもチームとしても色々な事があったのでふりかえっておきたいとおもいます。 意思決定、認識共有 要求分析、プロダクト 要求仕様書 要求の背景がクリアになった事による事例 QA・テスト プロのエンジニ…

React UIをCapybaraで30文字以上の入力のテストしている時には、fill_inにrapid: falseを設定する事も検討してみよう

フロントエンドのReact UIのテストをしている時に、ローカルでUIをいじっていても正常に挙動しているように見えるUIが Capybaraを利用したSystem Specでは動かない事があり、中々に奇妙な動作で困惑していたのですが ソースコードを追って理解と対処ができた…

ユーザーストーリーマッピングをベースにプロジェクト全体の要求仕様書をチームで構築した

ここ2日ほど、まるっと一日かけてチーム全体であつまってプロジェクトの要求仕様書を皆で作るという作業をしていました。 弊社のチームでは普段の開発ではスクラム開発を実施しているのですが、今回この一気に要求仕様書をつくりあげるというイベントを開催…

TLA+, SPINをつかってAPIサーバーの仕様を検証した

バックエンドサーバーのAPIの仕様を決めるにあたって、レスポンスの結果が常にみたしていてほしい不変条件がありました。 ビジネスの詳細に触れてしまうので、抽象的に表現すると 内部データのある属性値が1以上になっているならば、かならずレスポンスにふ…

recoilを0.0.8から0.0.10にアップデートする時にはbabelのsourceTypeをunambiguousにしよう

タイトルの通りです、プロダクトのフロントエンドで使っているRecoil github.com を、0.0.8系をつかっていたのですが、0.0.10にアップデートしたところ、webpack + babelの環境でエラーにつながり、調査しながら対応したので小さなメモです。 環境 おこった…

VimからVSCodeに移行する時にした設定メモ

Vimをずっとつかってきたが、最近VSCodeも使いはじめた。 エディタのモーションはVSCodeVimをいれているのですが、それ以外のUIの表示や挙動にたいして使っている時に感じた使いづらさを分解して少しずつ設定しました。 ファイルツリーが視覚的にツラい Vim…